OUR VISION シーフードレガシーとは

シーフードレガシーとは

私たちシーフードレガシーは、持続する豊かな海を実現するために、水産関連企業やNPO/NGOを戦略的にネットワークし、多くの海外成功事例に学びつつ日本のビジネス・土着文化に適った解決策を形にするコンサルティング会社です。

大手企業のCSRの活動や国連の採択したSDGs(持続可能な開発目標)の浸透により、日本でも環境や持続可能性に配慮した、資源の「サステナブル調達」が注目されています。しかしながら、海洋資源においては各地で持続可能なレベルを超えて漁獲されており、さらに沿岸開発、海洋汚染、気候変動などの複合的要因とも相まって、その限界はもう目前に迫っています。これに、日本特有の多様な漁業形態による水産資源管理の難しさや、消費者の魚離れも加担し、いまや世界中から水産物を調達する量販店でさえも、鮮魚売り場は軒並み赤字続きです。その対策として薄利多売に一層の拍車をかける負のサイクルが、未来の海と食卓とビジネスから、水産物をますます奪ってしまっています。

世界各地では、環境への配慮を無視し過剰な漁業を続けた末に魚場や地域社会が崩壊した事例に溢れています。しかし一方で、その経験に学ぶ水産関連企業とNPO/NGOとがパートナーシップを結び、積極的に「水産物のサステナブル調達」に取り組むことで、科学と予防原則に則った水産資源管理の需要を作り出し、水産を成長産業としてきた事例もいくつもあります。これらの地域で積極的に「水産物のサステナブル調達」に取り組む企業は、消費者、投資家、地域社会の評価や信頼を勝ち得て繁栄しています。

日本でも、いや、どこよりも海と密接に関わってきた日本だからこそ、この問題を解決することができると、私たちは確信しています。当社は、未来世代に対してその社会的責任を本気で果たそうとする企業やNPO/NGOをサポートし、両者を戦略的にネットワークし、多くの海外事例に学びつつ日本のビジネス・土着文化に適った解決策を共に形作ることで、持続する豊かな海を実現していきます。

私達が目指す世界

使命

持続する豊かな海の実現

私たちシーフードレガシーが目指すのは、豊かな海に子供達が夢と探究心を抱き、多様な水産物が並ぶ食卓を囲む家族に笑顔が溢れ、地域の沿岸漁業や海洋生態系サービスの恩恵を受ける関連産業に後継者が列をなし、母なる海に包まれ育つ幸せを全ての人が共有できる社会の実現です。

構想

「Designing Seafood sustainability in Japan, together」

海洋環境における社会課題はますます複雑化・多様化し、行政の主導に頼るだけでは解決が難しくなってきている今日、企業やNPO/NGOが主体となりパートナーシップを結んで課題の解決に取り組んでいくことが求められています。当社は、持続する豊かな海を実現するために、企業に対しては水産物のサステナブル調達のサポートを、NPO/NGOには活動のサポートを行い、両者を戦略的にネットワーキングします。

ロゴマークに込めた思い

シーフードレガシーという社名は、社会と海との繋がりを象徴する水産物(シーフード)を、豊かな状態で未来世代に継いでいきたい(レガシー)という想いが込められています。また、当社のロゴは、企業からNPO/NGOまで国内外の多様なステークホルダーが社会課題と当事者意識を共有し、輪(和)を生み重なりあって、自然、社会、ビジネスが持続できる解決策を共に生み出していく形をイメージしています。

シーフードレガシーのコンセプト図

私たちが直面している問題

減り続ける水産資源、増え続ける絶滅危惧種

海は、私たちが海の再生産のペースを超えない規模での利用を続けていく限り、いつまでもその豊かな恵みを与え続けてくれます。しかし今、世界の主要漁業資源の約30%が過剰漁獲状態、約60%が過剰漁業の一歩手前の状態にあると言われており、漁業は持続可能なレベルをはるかに超えた規模で行われているのです。世界各地で水産資源は激減し、2014年に相次いで絶滅危惧種に指定されたマグロ類やウナギ類からも見える通り、絶滅危惧種に指定される海の生物は増加しています。

後を絶たない違法漁業や奴隷労働

資源管理の精神を踏みにじる違法・無報告・無規制(IUU)漁業や、人権侵害を犯す奴隷労働も後を絶ちません。例えば漁業許可のない海域で獲られた大量のマグロが海上で漁船から冷凍運搬船へと移され、許可を得て獲られたマグロと冷凍運搬船内で混ざり、区別がつかないまま主要市場国に水揚げされる場合があります。東南アジアの複数の国では、ウナギの資源量はおろか、漁業従事者数も漁獲量も正確に把握しきれておらず、資源管理も漁業規制も実質的には実施されていません。このウナギの主要輸出国は日本です。発展途上国を中心に人身売買や奴隷労働により採取・生産された水産資源が、世界市場に流通しているケースが複数報告されています。

代表挨拶

花岡 和佳男(はなおか わかお)

株式会社シーフードレガシー 代表取締役社長

過剰漁業やその他の複合的要因が相まり、海の生態系破壊は世界中で進行しています。自然界が持つ再生産能力や、人類による海洋環境保護活動のペースは、いまだにその破壊のスピードについていけていません。

2014年、UNESCO世界無形文化遺産に和食登録された翌年、その象徴とも言えるニホンウナギと太平洋クロマグロが相次いでIUCN絶滅危惧種に指定されたと共に、2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催も決まり、和食や日本の海との接し方の実態が世界の目にさらされる日までのカウントダウンが始まりました。

海は人類共有の財産であり、その自然環境は未来世代からの借りものです。世界主要水産市場国であり漁業国でもある日本が今とるべきアプローチはどのようなものでしょうか。

私はこれまで15年以上、国際環境NGOや養殖事業者など異なる立場から、海洋生態系保護活動やマーケット・キャンペーンに携わってきました。行政主導に頼ることができない今、行政を巻き込み社会課題を解決する鍵を握るのはビジネスであり、そのビジネスの成長を形作り支えるのがNPO/NGOの活動であることを、体験してきました。

いまならまだ間に合う、ビジネスとNPO/NGOのパートナーシップを結び歯車を合わせることで、この困難を乗り越え持続的な成長を続けることが、海と密接に関わり歴史を刻んできた日本だからこそできると、私は信じています。それを皆さまと共に形にするために、2015年7月、株式会社シーフードレガシーの設立に至りました。当社は、企業やNPO/NGOをサポートし、両者を戦略的にネットワークし、多くの海外事例に学びつつ日本のビジネス・土着文化に適った解決策を共に形作ることで、持続する豊かな海を実現していきます。

代表プロフィール

花岡 和佳男(はなおか わかお)
株式会社シーフードレガシー 代表取締役社長

プロフィール写真

Profile

フロリダの大学にて海洋環境学および海洋生物学を専攻。卒業後、モルディブでの海底調査やマレーシアでのエビ粗放養殖事業の設立メンバー等を経て、2007年より国際環境 NGOの日本支部で海洋生態系担当シニア・キャンペナーとしてサステナブル・シーフード・プロジェクトを引率。独立後、2015年7月に東京・築地に株式会社シーフードレガシーを設立し、国内のサステナブル・シーフード・マーケット・イニシアチブの熟成のため、水産関連企業に対してはサステナブル調達及びトレーサビリティ・システム構築における企業間連携のサポートを、NGO/NPOに対しては活動サポートを行い、両者の戦略的ネットワーキングに取り組んでいる。

  • GSSI (Global Sustainable Seafood Initiative) 運営理事
  • GSRA (Global Seafood Rating Alliance) メンバー
  • CASS (Conservation Alliance for Seafood Solution) コラボレイト・メンバー
  • 内閣府規制改革推進会議水産WG 専門委員

 

Contact Us お問い合わせはこちらから

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム