シーフードレガシーとは

    シーフードレガシーは、海洋生態系・水産経済・地域社会の繋がりを象徴する水産物(シーフード)を豊かな状態で未来世代に継いでいく(レガシー)ことをパーパスに掲げ、サステナブル・シーフード・コンサルティングを提供する、東京に本部を構えるソーシャル・ベンチャーです。

    水産関連企業へはサステナブルシーフード調達の実現を、生産者へは漁業や養殖業のサステナビリティを追求する取り組みを、そしてNGOへは関連活動をサポートし、多様なステークホルダーが共有課題の解決に取り組む非競争連携プラットフォームのデザインを通じて、日本のビジネス環境に適った国際基準な地域解決をデザインします。

    ビジョン

    持続する豊かな海の実現

    生命力みなぎる海に子供達が夢と探究心を抱き、多様な水産物が並ぶ食卓に家族の笑顔が溢れ、水産業や観光業など海洋生態系サービスの恩恵を受ける関連産業が活気に満ちて後継者が列をなす−−− 私たちシーフードレガシーが目指すのは、豊かな海と寄り添い合って生きる幸せを全ての人が共有できる社会の実現です。

    ロゴに込めた想い

    Designing Seafood sustainability in Japan, together

    シーフードレガシーという社名は、社会と海との繋がりを象徴する水産物(シーフード)を、豊かな状態で未来世代に継いでいきたい(レガシー)という想いが込められています。

    当社のロゴは、社会課題と当事者意識を共有する国内外の多様なステークホルダーが輪(和)を生み重なりあって、自然・経済・社会の繋がりを持続させる解決策を共創する形をイメージしています。

    コンセプト

    サステナブル・シーフード

    未来の海が豊かな生態系を育み続け、次世代社会がその恩恵を受け続けることができるように、海の生物の育成に必要な環境を保護し、再生産のペースを守りながら漁獲・養殖された水産物を、サステナブル・シーフードと呼びます。

    人類共有の財産であり、未来世代からの借りものである海の豊かさを、確実に次世代に残したい−−私たちシーフードレガシーは、サステナブル・シーフードの普及に取り組んでいます。

    信条

    1. 未来世代に対しての責任

    シーフードレガシーの第一の責任は、海洋環境・経済・社会の繋がりを継ぐ未来世代に対するものです。海は人類共有の財産であり、その自然環境は未来世代からの借り物です。未来世代が豊かな海の恩恵を受けられる社会を描き、そこからのバックキャストにより、私達の活動は計画されます。未来世代に恥じない高い倫理観と高潔性の元に公正かつ道義にかなった組織運営を徹底します。

    2. パートナーへ対しての責任

    シーフードレガシーの第二の責任は、政府・企業・NGO・財団など、未来世代への社会的責任を本気で全うしようとするパートナー組織に対するものです。パートナー組織の潜在ニーズを正確に把握し、連動する革新的分野に積極的に参入し、多面的・複眼的視野を持って国際基準の地域解決をデザインします。連携するプラットフォームを形成し、そのピボットとして機能します。

    3. スタッフへ対しての責任

    シーフードレガシーの第三の責任は、共有する目標の達成に向け切磋琢磨・協力し合うスタッフに対するものです。個人やチームが目標達成や成長に面白さや喜びを見出し、朗らかな気持ちで自発的に働き、お互いを支え合いそれぞれの強みを磨き高められる組織運営を行います。スタッフが家族に対する責任を十分に果たせるよう配慮し、安心して仕事に従事できる環境を整えます。

    お気軽にご連絡ください