東京サステナブルシーフード
    シンポジウム2018
    〜開催報告5〜

    big-fish

     

    東京サステナブルシーフードシンポジウム開催報告第5回はRoom Aで行われた分科会についてご紹介いたします。
    インドネシアと日本のNGO、企業、大学が目指す持続的なうなぎ産業 (A-1)、日本初の社食へのサステナブル・シーフード提供を行う企業同士の連携(A-2)、生産者と小売とで推進する日本の漁業・養殖業の育成(A-3)と多様なステークホルダーがそれぞれの方法で水産業の持続可能性を広げようとしています。

    プログラム、発表資料、登壇者情報はこちらから:
    http://sustainableseafoodnow.com/

    A-1: 日本企業が拓くうなぎ産業の未来

    WWFジャパン 自然保護室 海洋水産グループ長 山内 愛子 氏

    「絶滅危惧種であるウナギについての相談を多く受けるが特効薬のようなものは我々も知りませんとお答えするしかない状態。ただ、ビカーラのように今は深刻ではないがこの先危険な状態になるかもしれないと言われている魚種に対して、どういうふうに我々NGOも早めに手を打つことができるのかを考えるきっかけとして始めた。」

    中央大学法学部 准教授 海部 健三 氏

    「今、世界中を探しても、持続可能だと言えるウナギはない。日本の場合でもニホンウナギで、トレーサブルだと証明できるウナギを見つけることは非常に難しく、消費者にとってもどのような商品を選べば持続的な利用を応援できるのかがわからないというのがこれまでの状態だった。今回のプロジェクトの意味は、「客観的で国際的な基準に従っているもの」という選択肢を示されたことだと思っている。」

    イオンリテール株式会社 グループ商品本部 グループ商品戦略部 マネージャー
    山本 泰幸 氏

    「ビカーラの資源状態については検証を進めているが、現在のレベルであれば我々一企業および今日集まっている関係者のできる範囲で、きちっと商品を通して最終消費者の不安を解消できるような実績を上げていく。」

    株式会社イロハ・シダ・インドネシア うなぎ事業副代表 ジョン・スタント 氏


    「我々の目標は、自然の中でのウナギのサステナビリティを維持していくということ。このまま我々がビカーラを獲り続ければ、ヨーロッパウナギと同じような状況になるのではないかと懸念した。そこで天然ウナギの持続可能性のためになる活動として2013年に放流を始め、2017年からは今回のプログラムでFIP/AIPを実施している。」

    WWFインドネシア 漁業担当オフィサー ファリッズ・リザル・ファフリ 氏

    「ビカーラは需要が高く産業的に見て価値が高いため、シラスウナギ漁業管理、養鰻業両方の改善を目指し(FIP、AIP)管理ガイドラインを作ろうということになった。まずは、漁業者に対するガイドラインを提供し、ASC、MSC取得をサポートしている。それから、政府の規制、協調という点にも焦点を当てている。FIP、AIPには、業界が使っているシラスウナギのデータが資源量把握、漁獲量の決定のためにも非常に大事。資源量は流通経路でのコミュニケーションも含めデータの取り方に課題があるが長期的に見ていく必要がある。」

    インドネシア海洋漁業省 リリ・ウィドド 氏

    「ウナギの持続可能性に関しては、ジャワ島南部での管理計画の策定、放流、淡水域と海域に分けての漁業統計などがなされているがシラスウナギの採捕についての規制はまだなく、あるのはインドネシア外に輸出する場合は150g以上のものだけとする規則のみ。しかし国としてウナギの保全の行動計画について現在協議中であり、来年からシラスウナギの管理SOPなどを始められるのではないかと期待している。」