東京サステナブルシーフード
    シンポジウム2018
    〜開催報告5〜

    big-fish

    A-3: 漁業/養殖業の改善で起業を支援

    オーシャン・アウトカムズ 日本支部長(現シーフードレガシー 取締役副社長) 村上 春二 

    「売る、買う、獲る、すべての方々が魚がなければビジネスが存続しないんだという共通認識を元に、やれることからやっていく。これが漁業/養殖改善プロジェクトなのかなと思う。資源が良くなって、ビジネスも良くなっていくという構図で進めていきたいと思っている。」

    合同会社 西友 企業コミュニケーション部バイス・プレジデント 和間 久美恵 氏

    「漁業/養殖改善プロジェクトに携わる事で、生産者の話を直接聞ける事、社内の様々な関連部署を巻き込み、理解や意識の向上ができていることは大きなメリットと感じている。現在、サポートをさせていただいている、AIP銀鮭、FIPビンチョウマグロの販売をしっかりと継続し、西友の売れ筋商品にしていくことが大切だと思っているので、今後も継続して取り組んでいきたい。」

    株式会社ヤマサ𦚰口水産 代表取締役 脇口 光太郎 氏

    「FIPを進める上で、自分たち一人ではとてもハードルが高いが、専門機関やマーケットの応援のおかげで取り組みができている。消費者には、漁業改善に取り組んでいる姿勢も買う選択肢の一つに選んでいただければありがたいと願っている。」

    FishChoice プログラムディレクター クリスティン・シャーウッド 氏

    「FIPのコンセプトは東南アジア、オセアニア、北米で拡大しており、現在グローバルで110のFIPがある。より多くの企業が、FIPの水産物を調達するとコミットしており、自分たちの会社の中で調達方針を作って、FIPを調達しようということを明示しているところが増えている。Fishery Progress .orgを参考にして、FIPを皆様の調達先の1つとして、検討いただければと思っている。」

    株式会社マルキン 鈴木 真悟 氏

    「AIPという形で新しい技術、異業種が入ってこれるような仕組みを作ることによって、養殖業をより良い産業にできるんじゃないかと思う。天然の水産物と違って、人がちゃんと管理してやれるかどうかというところに限られているので、責任のある養殖漁業を目標に掲げて活動している。

    次回、報告6回目はルームBで行われたセッションについてお伝えいたします。