国内2つの漁業改善プロジェクト(FIP)、国際評価でAを取得

    プレスリリース

    big-fish

     

    株式会社シーフードレガシーとオーシャン・アウトカムズが協力して取り組む国内の漁業改善プロジェクト(FIP: Fisheries Improvement Project、以下FIP)のうち、東京湾スズキFIP、那智勝浦ビンチョウマグロ延縄FIPの2つのプロジェクトが、2018年中に行われた改善の進捗状況が良好と判断され、共に最高評価の「A」を獲得しました。当該漁業が生態系へ与える影響が軽減されたことなど日々の漁業の改善に取り組む活動が評価されたのが、今回の結果を獲得できた主な理由です。詳細は下記プレスリリースをご覧ください。

    スズキ&ビンチョウFIP_プレスリリース_20190312