持続可能な水産物の取り扱い拡大に向け、広島カキ漁業の改善を目指す 「広島カキ漁業改善プロジェクト」始動

    プレスリリース

    big-fish

    日本生協連は、環境配慮食材の取り扱い拡大に向け、広島カキ漁業の改善を目指す4者協働の取り組み「広島カキ漁業改善プロジェクト」を2020年1月より始動しました。

    本プロジェクトでは、コープ商品で使用する広島県産カキを育てる漁業者を対象に、2021年度中のMSC認証取得を目指し、カキ漁業の改善活動に取り組みます。この取り組みには、カキ商品の主力取引先である倉橋島海産株式会社、国内外の漁業や水産市場をより持続可能にするために活動している株式会社シーフードレガシー、漁業・養殖改善プロジェクトの実施などを通じて漁業や養殖業の持続可能性向上を支援する国際環境NGOオーシャン・アウトカムズと4者で協働して進めます。カキ類のMSC認証取得を目的とした漁業改善プロジェクトは、本プロジェクトが国内初となります。

    日本生協連プレスリリース>
    持続可能な水産物の取り扱い拡大に向け、広島カキ漁業の改善を目指す「広島カキ漁業改善プロジェクト」始動