(参加終了)第7回ワークショップ:企業のサステナブル調達における認証制度の活用と GSSIの進捗と今後について

    (ワークショップ)

    big-fish

    世界では約150もの水産エコラベルが乱立しています。その中で、FAOのガイドラインが示す基準を満たす水産エコラベルを承認するプログラムである、GSSI(Global Sustainable Seafood Initiative)がこの度、マリン・エコラベル・ジャパン協議会の運営するMEL(漁業規格Ver2.0、流通加工規格Ver2.0、養殖規格Ver1.0)を承認しました。

    今回のワークショップでは、GSSIのマネージングディレクターのハーマン・ヴィッセ氏をお呼びし、改めてGSSIの組織概要と、この度の承認の背景について質疑応答を交えながら詳細をお伺いします。

    コロナウィルスの感染拡大を考慮し、ウェビナーによる開催となりました。

     

    2018年のシンポジウムで行われたGSSI分科会の様子

    第7回ワークショップ

    企業のサステナブル調達における認証制度の活用とGSSIの進捗と今後について

    開催概要

     開催日時: 2020 年 3月3日(火)13:30~16:00 
    開催場所:

    コロナウィルスの感染拡大を考慮し、ウェビナーによる開催となりました。当日のウェビナー参加方法については添付PDFをご参照ください。また当日は通訳が入ります。

    ダウンロード >>> ウェビナー参加方法について

    参加方法:

    参加ご希望の方はsfl_seminar1@seafoodlegacy.comまで下記をご記入の上、3月2日(月)までにお申し込みください。

    1. 氏名
    2. 企業名、部署名、
    3. ご連絡先(メールアドレス)

    プログラム最後の質疑応答の時間で、時間の許す限り皆様からのご質問にお答えいたします。ご質問は事前に受け付けておりますのでhttps://forms.gle/q6CEJ9UUb4Psfx9Y6 より3月2日(月)までに送信ください。

    参加対象: 経営層、調達部門、CSR、サステナビリティ部門、その他ご担当者様
    参加費: 無料
    開催方式:  企業名、参加者名、発言内容は原則非公開(開催概要については公開予定)

     

    プログラム

    ※プログラムは変更になることがございます。あらかじめご了承ください。

    13:30-13:40

    イントロダクション

    株式会社シーフードレガシー 上席主任 山内愛子

    13:40-14:00

    水産物調達改善ツールとしての認証制度

    株式会社シーフードレガシー  代表取締役社長 花岡和佳男

    14:00-15:00

    GSSIの近況とMELv2の認定プロセス(逐次通訳あり)

    Global Sustainable Seafood Initiative (GSSI) マネージングディレクター 
    Herman Wisse(ハーマン・ヴィッセ) 氏

    15:00-15:50

    質疑応答及びディスカッション(逐次通訳あり)

    15:50-16:00

    総括

    株式会社シーフードレガシー 上席主任 山内愛子

    参加ご希望の方はsfl_seminar1@seafoodlegacy.comまで下記をご記入の上、3月2日(月)までにお申し込みください。

    1. 氏名
    2. 企業名、部署名、
    3. ご連絡先(メールアドレス)

    皆さまのご参加をお待ちしております。