BLOG

オリンピックレガシー

2000年代からオリンピック・パラリンピックにサステナブル概念が導入され、2007年からはIOCがサステナビリティに配慮した大会運営を推奨。2012年のロンドン五輪は「史上もっとも環境に配慮したオリンピック」として注目を浴びた。大会期間中のみならず、その影響を継承することで社会をサステナブルな方向へと転換する機会として五輪を積極的に利用する、という考え方である。