BLOG

主要データ要素(KDE)

魚が漁獲されたポイントから販売されるまでのサプライチェーン上に存在する加工、卸、流通企業間でやりとりされるべき商品の情報のこと。主に「いつ・どこで・誰が(誰から誰に)・何を・どのように(加工、 輸送、保管したのか)」などの情報の組み合わせをサプライチェーンの前後でやり取りすることで、販売の場から情報を遡り、漁獲情報を特定できることが理想とされる。KDEはKey Data Elementsの略。