FIPプロフィール

    北海道の日本海北部に位置する苫前町は風力発電や一次産業が盛んな自給率の高い港町で人口の10%以上が漁業に従事しています。本プロジェクト地域のミズダコは通年漁獲可能ではあるものの、来遊時期と資源保護を考慮し、自主的に漁期を3月から6月、操業時間を午前5時〜午後2時と決めて操業しています。漁法は混獲も極めて少ない古き良き海に優しい、樽流し漁法です。

    苫前の樽流し漁は比較的漁獲量も安定し、北留萌管内樽流しの約25%を占めている一方、ミズダコの漁獲量は2006年〜2014年の間に約3分の1に減少、金額にして1億3千万円相当が損失し、それに伴い漁業経営体数も減少しました。そこで本プロジェクトでは樽流し漁業の持続可能性を向上させ、同時に市場における認知度の向上そして競争力の強化を目標に活動を始めました。

    樽流し漁業は新規参入漁業者が入りやすい漁法としても認識されているため、漁業の持続可能性は雇用機会の創出、そして地域全体の発展へと繋がることが期待されます。また、稚内から小樽周辺に生息するミズダコは一つの系群と考えられるため、まずは苫前からプロジェクトを開始し、最終的には北留萌管内全体そして日本海側のミズダコ樽流し漁業全体を持続可能にしていくことを目指しています。5年の活動計画に基づき、漁獲情報の収集を行い対象漁協が主体となって資源評価が実施できるよう水産試験場などと協力しシステムを構築します。

    なお、資源状態に合わせた管理措置の発動、餌原料資源への影響度の分析と必要に応じた管理、および予防原則に基づく漁獲方策の策定および実施などを行います。新規販路拡大や市場における認知度向上を目指し、流通の見直しやPR活動も行なっていきます。

    開始時期 2019年4月
    終了予定時期 2023年4月
    場所 北海道苫前町
    参加者

    北るもい漁業協同組合苫前支所樽流し部会、地方独立行政法人北海道立総合研究機構・水産研究本部・稚内水産試験場、オーシャン・アウトカムズ、株式会社シーフードレガシー

    対象種 ミズダコ (Enteroctopus dofleini)
    漁具の種類 樽流し
    生産量 約51 mt*
    予備審査 予備審査ダウンロード
    活動計画 活動計画ダウンロード
    進捗状況 Fisheryprogress.org  

     

    これまでの改善プロセス

    • 2018年3月
      簡易審査とギャップ分析の実施
    • 2018年2月
      漁業改善プロジェクト協議開始
    • 2018年6月
      漁業者会議開催 第1回
    • 2018年11月
      漁業者会議開催 第2回
    • 2019年4月
      FIP開始 覚書締結

    簡易審査とギャップ分析の実施

    簡易審査結果と当該地域で実施されたMSC予備審査結果のギャップを分析し、暫定的な改善内容を抽出しました。

    漁業改善プロジェクト協議開始

    漁業者、漁協、水産試験場、道庁普及員、水産加工会社、町役場と協議を開始し、地域に根付くプロジェクトの方向性と目標に関して協議しました。

    漁業者会議開催 第1回

    プロジェクトの概要や方向性そして活動内容などを漁業者と協議し、実践的な活動計画に反映させました。

    漁業者会議開催 第2回

    前会議での協議内容を反映し活動計画の内容を改訂し、合意可能な活動内容のすり合わせを行いました。

    FIP開始 覚書締結

    活動計画における各参加関係者の役割と責任について合意。合意された活動計画の実施を開始します。活動の進捗状況も確認できるようfisheryprogress.orgに公開しています。
    お気軽にご連絡ください