FIPプロフィール

    女川町は宮城県北中部の三陸海岸に位置しています。水深が深く主要な海流が交わる周辺海域では牡蠣やホタテ、海苔などの養殖業が盛んな日本でも有数の好漁場です。本プログラムを行う株式会社マルキンは1977年に国産のギンザケでは初めて事業レベルでの養殖を成功させ、以来生産から加工までを一貫して行ってきましたが2011年3月11日の東日本大震災により壊滅的な被害を受けました。

    現在は「銀王」ブランドで年間およそ465トン生産するまでに復活しましたが、よりブランド力を強化し、地域経済の復興と世界に誇れる持続可能なギンザケ養殖業を目指し本プロジェクトに取り組んでいます。

    2017年6月より2年間の活動計画に基づいて日本初となる養殖漁業改善プロジェクトを開始し、2020年までにASC認証取得を目標としています。

    活動計画に基づき、養殖場における生産およびその周辺生態系への影響に関する情報のモニタリング、飼料の持続可能性の評価、養殖業の社会的責任に関する方針策定などを行っています。また合同会社西友では東北そして関東圏内の店舗でプロジェクト商品の取り扱いを開始しました。加えて、一部プロジェクト費用を合同会社西友に支援頂いています。

    開始時期 2017年6月
    終了予定時期 2019年6月
    場所 宮城県女川町
    参加者

    株式会社マルキン、オーシャン・アウトカムズ、

    フィッシャーマンジャパン、株式会社シーフードレガシー

    対象種 ギンザケ(Oncorhynchus kisutch)
    漁具の種類 養殖漁業、海上生簀
    生産量 465 mt*
    予備審査 予備審査結果ダウンロード
    活動計画 活動計画ダウンロード
    進捗状況 Fisheryprogress.org

     

    マルキンによると年間生産量は約13万匹で、個体の体重を約3.6キロ(NOAA推定値)とすると約465 mt になる。 平均水揚量は年間約220mt〜。

    このAIPについて詳しく知る

    コンビニやスーパーなどでも 毎日見かける日本人に人気の魚種、サケ。その一種、銀鮭を日本一生産しているのが宮城県女川町です。東日本大震災から復興した女川町でASC認証取得を目指す、銀鮭養殖のパイオニアの血を受けつぐ3代目・鈴木真悟氏の挑戦とは。

    画像をクリックしてレポートをダウンロード→

    これまでの改善プロセス

    本プロジェクトは2年間の活動計画に基づき改善を実施し、半年毎に進捗確認と報告を行っています。

    • 2017年
      ASC予備審査
    • 2017年6月
      養殖漁業改善プロジェクト開始
    • 2017年10月
      合同会社西友の店舗にて取り扱い開始
    • 2018年4月
      生態系への影響に関するモニタリング開始
    • 2018年6月
      飼料会社との協議開始

    ASC予備審査

    日本のギンザケ養殖漁業がASC規準に対して予備審査を受けた初めてのケースとなりました。

    漁業改善プロジェクト開始

    ASC予備審査で特定された課題を改善するための活動計画を策定し実行します。例えば、養殖場が周辺生態系への影響に関する情報のモニタリングと対策、飼料の持続可能性の評価と改善、養殖業の社会的責任に関する企業方針などの策定などがあります。

    合同会社西友の店舗にて取り扱い開始

    東北および関東圏内の店舗にて販売を開始しました。

    生態系への影響に関するモニタリング開始

    東北大学と協働し、底生生物や溶存酸素量など養殖業が与える生態系や周辺環境に及ぼす影響をモニタリングしました。

    飼料会社との協議開始

    飼料会社と協議を開始し、ASC認証対応型の飼料に関する改善と証拠を準備しました。
    お気軽にご連絡ください