ABOUT US


ABOUT SEAFOOD LEGACYシーフードレガシーとは

いまの日本にはこれから先の社会をどうしていくのか、
もっと先の未来に、どうすれば十分な自然資源を手渡していけるかを考える
未来視点の発想が必要です。

私たちシーフードレガシーは、
地域社会、水産経済、海洋生態系の繋がりを象徴する水産物(シーフード)を
豊かな状態で次世代に引き継いでいく(レガシー)ことをパーパスに、
サステナブル・シーフード・コンサルティングを提供する
ソーシャル・ベンチャーです。

水産関連企業にはサステナブル・シーフード調達の実現を、
生産者には漁業や養殖業のサステナビリティを追求する取り組みを、
NGOには水産にまつわる関連活動のサポートを、
CSRに取り組む企業には企画力や発信力をーー。
多様なステークホルダーが協働する非競争連携プラットフォームの運営を通じ、
最新の国際基準に沿った地域解決をデザインします。


MESSAGE代表よりメッセージ

代表取締役社長
花岡 和佳男

海に潜るーー。
体が、脳が、心臓が、内臓が、海に溶け込んでいく感覚。

海の中で人は、呼吸もできず、早く動くこともできません。
人が地球環境を作っているのではなく、
地球環境に生かされていることに気づきます。

マレーシアで経験したエビの養殖。
現地の人はマングローブ林を伐採し、サンゴ礁を壊していきます。
しかしそのエビの養殖は、大量消費する日本市場のため。
解決しなければならない問題は、日本にありました。

帰国後、国際環境NGOでの活動を通して、
社会変革のフェーズは問題提起から協働による解決策のデザインへ。

もっと先の未来のためにーー。
その言葉を実現させたくて立ち上げたのが
Seafood Legacyです。

私たちは、社会課題の解決とビジネスとをつなぎます。
どこよりも海と深くつながるこの国の誇りを胸に、
国際基準の解決策を地域のステークホルダーと共に作ります。

Designing Seafood Sustainability in Japan, together
生命力溢れる海が身近にある環境を次世代に残していきたい。
それが私達の願いです。


MEET OUR TEAM社員紹介

花岡 和佳男

代表取締役社長

花岡 和佳男

花岡 和佳男

花岡 和佳男

花岡 和佳男

フロリダの大学にて海洋環境学及び海洋生物学を専攻。卒業後、モルディブ及びマレーシアにて海洋環境保全事業に従事し、2007年より国際環境 NGOで海洋生態系担当シニア・キャンペナーとしてジャパン・サステナブル・シーフード・プロジェクトを立ち上げ引率。独立後、2015年7月に東京で株式会社シーフードレガシーを設立しCEOに就任。国内外のビジネス・NGO・行政・政治・アカデミア・メディア等多様なステークホルダーを繋ぎ、日本の環境に適った国際基準な地域解決のデザインに取り組んでいる。

・内閣府 規制改革推進会議 農林水産WG 専門委員

・水産庁 漁獲証明制度に関する検討会 委員

・水産庁 太平洋広域漁業調整委員会 委員

・GSSI (Global Sustainable Seafood Initiative) 運営理事

・2019年 SeaWeb Seafood Champion リーダーシップ部門 受賞

村上 春二

取締役副社長

村上 春二

村上 春二

村上 春二

村上 春二

国際環境非営利機関 Wild Salmon Centerそしてオーシャン・アウトカムズ(O2)の設立メンバーとして日本支部長に従事した後、株式会社シーフードレガシー取締役副社長/COOとして就任。漁業者や流通企業と協力し、日本では初となる漁業・養殖漁業改善プロジェクト(FIP/AIP)を立ち上げるなど、漁業現場や水産業界そして国内外のNGOに精通しIUU対策などを含む幅広い分野で日本漁業の持続性向上に対して活動している。多くの国内外におけるシンポジウムや水産関連会議やフォーラムでの登壇や司会などを務めるなど、国内外で活動する。

・米国 Scaling Blue 運営委員

・水産庁養殖業成長産業化協議会 委員

山内 愛子

上席主任

山内 愛子

山内 愛子

山内 愛子

山内 愛子

東京出身。日本の沿岸漁業における資源管理型漁業や共同経営事例などを研究した後、WWFジャパン自然保護室に水産オフィサーとして入局。持続可能な漁業・水産物の推進をテーマに国内外の行政機関や研究者、企業関係者といったステークホルダーと協働のもと水産資源および海洋保全活動を展開。WWFジャパンによるチリ、インドネシア、中国での現地オフィスとの海洋保全連携プロジェクトも担当したのち、2019年にシーフードレガシーに入社。漁業科学部、企画営業部の戦略策定と実施を担当。国内NGO等の連携である「IUU漁業対策フォーラム」のコーディネーターを務める。

・水産政策審議会資源管理分科会特別委員

・水産研究・教育機構SH”U”Nプロジェクト外部レビュー委員

・岩手大学農学部 非常勤講師

・法政大学大学院 公共政策研究科 兼任講師

若宮 浩紀

営業・企画部

若宮 浩紀

若宮 浩紀

若宮 浩紀

若宮 浩紀

ワシントン大学で政治経済学やサステナビリティ分野を中心としたグローバルスタディー科を専攻。卒業後、地元愛媛県宇和島市で水産卸売製造業を営んでいる家族の会社に入社。在職中は地元の水産物を国内外多数の業態に販売しながら、生産現場からできるコールドチェーン・バリューチェーンの品質向上に専念。現在、サステナブルシーフードの需要を創造するため、国内外の水産関係者と共にワークショップを開催しながら、マーケット側に直接コンサルティングを行っている。

高橋 諒

営業・企画部

高橋 諒

高橋 諒

高橋 諒

高橋 諒

シドニー出身。東京農業大学にて農業経済学を専攻する。フィリピンでの農業研修を経て海外とのビジネスに興味を持ち、卒業後は築地の水産専門商社に入社。入社後南米・アジア圏の天然水産物の購買や国内外多数の業態への販売を行う。現在、サステナブルシーフードとビジネスとの両立に向けて幅広い世代に水産業界に興味を持って貰える様活動中。

小池 春子

漁業・科学部

小池 春子

小池 春子

小池 春子

小池 春子

ハワイ大学にて博士号取得のため、セーシェルのナマコ漁の資源評価を行う。また、同時に並行して、パラオ、コロンビアなどのサンゴ礁魚の資源評価や、ハワイ州の伝統的漁業を守るための資源管理区画確立のため、国際NGOのTNCやCIなどと協力して資源の利用率の調査なども行う。海洋生物学の博士号を取得した後は、ハワイ州政府にてバイオメトリシャンとして水産資源管理とサンゴ礁のバイオモニタリングのデータ収集、分析を担う。また在職中西太平洋漁業評議会の生態系プランチームの一員に任命され、生態系観点からの資源評価方法の模索に参加する。現在、シーフードレガシーの漁業改善部にてFIP/AIPの開発に取り組み、日本独自の漁業システムに合った持続的資源管理方法を模索している。

岡本 類

漁業・科学部

岡本 類

岡本 類

岡本 類

岡本 類

日本人の両親の元にロサンゼルスで生まれ、幼い頃からネイティブな日本語と英語の環境の中で育つ。カリフォルニア州立大学にて環境科学及び海洋・沿岸生態学を学ぶ。卒業後、学習支援を行うNPO法人にて理数系教育者及び大学進学指導者として地域コミュニティーでの活動をすると同時に、海洋保護を理念としたモントレー水族館のガイドとして、来館者に海洋生態系学、生物学、持続可能な水産物に関する啓発活動をする。2016年にオーシャン・アウトカムズ(O2)日本支部に加入するため渡日し、国内のFIP/AIP開発に取り組む。現在シーフードレガシーの漁業改善部にて国内の漁業の持続性を向上する活動を続けている。

藤居 料実

組織部

藤居 料実

藤居 料実

藤居 料実

藤居 料実

宮城出身。横浜国立大学 教育人間科学部 地球環境課程卒業。在学中は環境教育や国際協力について学ぶ。食品専門商社勤務を経てシーフードレガシーに入社。バックオフィス全般担当として人の成長と組織の成長への貢献を目指す。

・Certified Professional Co-Active Coach

山岡 未季

広報・ブランディング部

山岡 未季

山岡 未季

山岡 未季

山岡 未季

大学で形態分類学などを学んだ後、大学研究室のうなぎコーディネーターとしてニホンウナギの保全に関するニュースの発信や取材調査を行う。文理と科学のコラボレーションを通して、社会により広く問題意識を広めることを目指し、コミュニケーション&PR担当としてサステナブル・シーフードを広めるために情報発信を続ける。

有川 真理子

広報・ブランディング部

有川 真理子

有川 真理子

有川 真理子

有川 真理子

大学では国際環境法を専攻。以来、環境NGOやオーガニック食品会社にて広報を担当し、コミュニケーションを通じてサステナビリティを高める取り組みを行ってきた。また、自治体・企業・NGOなどのパートナーシップを通じた持続可能な消費関連の事業コーディネーターとしての経験を持つ。シーフードレガシーでは、コミュニケーションを通じて多様なセクターとのエンゲージメントを高め、持続可能で豊かな海の実現をめざす。
・PRプランナー(公益社団法人 日本パブリックリレーションズ協会認定)
・消費生活アドバイザー(内閣総理大臣及び経済産業大臣の事業認定資格)


THEORY OF CHANGE変革の理論

魚は、海で自然に育ち繁殖します。
その自然界の再生産のペースを超えない規模で利用を続けていく限り、
海はいつまでもその豊かな恵みを私たちに与え続けてくれます。

しかし今、世界の主要漁業資源の90%は過剰漁獲またはその一歩手前の状態にあり、
漁業は持続可能なレベルを遥かに超えた規模で行われています。
資源管理の精神を踏みにじる違法・無報告・無規制(IUU)漁業や
それに付随する人身売買や近代奴隷、気候変動に伴う海水温上昇や海洋酸性化、
沿岸開発や海洋汚染などの複合的要因とも相まって、その限界は目前に迫っています。

その一方で、世界人口の増加に伴い、タンパク源の需要は今後ますます拡大していきます。
陸上生産に限界がある中、水産資源を持続的に活用できるかが、人類の未来を左右します。
その成功の鍵を握るのは、各国・地域による非競争連携にあると、私たちは考えています。

世界有数の水産大国である日本が国際連携の中で真の力を発揮できるようになるために、
SDGs達成年である2030年に向け日本で進行中の水産改革が確実に功を奏するように、
管理・生産・流通・消費における国際基準の解決策を地域のステークホルダーと共創し、
この国でのサステナブル・シーフードの主流化に貢献します。

日本でも、いや、どこよりも海と密接に関わってきた日本だからこそ、
この問題を解決し持続的な成長を続けることができると、私たちは確信しています。


COMPANY会社概要

会社名 株式会社シーフードレガシー
(Seafood Legacy Co., Ltd.)
設立 2015年7月7日
所在地 〒104-0061 東京都中央区銀座8-14-9 デュープレックス銀座タワー8/14 201
メール info@seafoodlegacy.com
代表取締役 花岡 和佳男
事業内容 サステナブル・シーフードに関するコンサルティング事業

Map