NEWS

マルト水産が瀬戸内海のカキ漁業でMSC認証の審査入り

2019年1月30日、株式会社マルト水産(以下:マルト水産)がMSCの本審査入りを発表しました。今回の審査対象となるのは、マルト水産の提携先の一つである 岡山県瀬戸内市邑久町(おくちょう)のカキ漁業となります。弊社、漁業改善部署を統括する村上春二(取締役副社長)はマルト水産に対して予備審査結果を元にした活動計画の作成と実施、合意形成、そして本審査に必要な資料の取りまとめと提出、本審査入りが可能かどうかの事前最終確認まで支援させて頂きました。詳細につきましては、リンク先プレスリリースをご覧ください。

MSCプレスリリース>
マルト水産が瀬戸内海のカキ漁業でMSC認証の審査入り

お知らせ
漁業・科学部 漁業コンサルタント 募集中
プレスリリース
東京サステナブルシーフード・シンポジウム閉幕 - 世界57カ国・地域 3,800人が視聴
プレスリリース
第2回ジャパン・サステナブルシーフード・アワード チャンピオン決定!
イベント
(終了)連続Web講座第4回「水産業界の新たな国際課題に対応する」