NEWS

IUU由来の水産物の流通取締、対象は全魚種に!

本日7月21日(水)、IUU(違法・無報告・無規制)漁業を撲滅するための政策提言や一般の方への情報共有を行っている、IUU漁業対策フォーラムが、水産庁に向けて「特定水産動植物等の国内流通の適正化等に関する法律」に基づく輸入規制措置を講ずる対象魚種の選定に関する提案」を提出しました。(本フォーラムに弊社も参画しております)

この法律は、IUU漁業に由来する水産物を日本の市場から排除するための法律で、現在、水産庁の水産流通適正化制度検討会議によって、対象とする魚種の選定など制度の詳細を検討しています。

2021年7月現在、アワビ、ナマコ、シラスウナギ(2023年12月から適用開始)を対象魚種とすることが議論されていますが、IUU漁業対策フォーラムは、法律の抜け穴を防止できること、魚種を一律に対象とする方が一律に管理できること、世界最大の水産輸入市場であるEUは全魚種を対象としており、世界第二の水産輸入市場である米国でも現在は13種ながら全魚種を対象にする法案が下院に提出されていること(日本は世界第3の水産輸入市場)などから、今回、対象魚種の選定について、全魚種を対象とするよう以下の通り提案書を水産庁に提出いたしました。

本法律の内容については、東アジアのNGO など海外からの注目も集まっています。

 

プレスリリース:「水産資源の持続的な利用を推進する NGO など5団体が「特定水産動植物等の国内流通の適正化等に 関する法律」に基づく輸入規制措置を講ずる対象魚種の選定に関する共同提言を発表」

提案書:「特定水産動植物等の国内流通の適正化等に関する法律」 に基づく輸入規制措置を講ずる対象魚種の選定に関する提案」

別紙資料:「米国SIMPの検討過程における、対象魚種 (IUU漁業と水産物偽装のリスクがある魚種)」を選定する原則と選定した魚種リスト

IUU漁業の脅威と対策についてまとめたインフォグラフィックはこちら

IUU漁業について詳しく知りたい方はこちら

News
IUU由来の水産物の流通取締、対象は全魚種に!
News
設立6周年 日本をサステナブルな水産業先進国に「VISION2030」
News
第3回ジャパン・サステナブルシーフード ・アワード開催!
News
バードライフ・インターナショナル東京のセミナーに登壇します