BLOG

2020年7月 デジタル漁獲情報記録システムを導入

操業中の漁獲魚種、漁獲量、漁獲地点、絶滅危惧種の遭遇及び漁具が海底に接触したケースなどの漁獲情報のタブレット端末での記録を開始しました。