調 達 方 針

株式会社シーフードレガシー 責任ある調達および購買原則

 

2024年6月

基 本 原 則

 

シーフードレガシーは、シーフードレガシーの掲げるパーパスおよびクレドに基づき2024年6月「シーフードレガシーの責任ある調達および購買原則」を制定いたしました。

 

1. シーフードレガシーは弊社事業において自然資源に由来する製品を調達または購買する際に関連する法令を遵守し、かつ高い倫理観を持って行動します

2. 地球環境の生物多様性の保全に努め、また枯渇が懸念される資源や失われた生態系については、その回復に貢献するよう行動します

3. シーフードレガシーは自社だけではなく、調達および購買の際のサプライチェーン上で働く人々の人権を尊重することを約束します

4. シーフードレガシーは多様なステークホルダーとの対話に努め、「責任ある調達及び購買原則」、また個別方針についても定期的に実績を確認し、見直しや改善を行います

 

 

 


株式会社シーフードレガシー 責任ある水産物購買方針

 

2024年6月

 

水産物購買における基本的な考え方

 

私たちシーフードレガシーは、「自然及び自然資本は人類共有の財産であり未来世代からの借り物である」との考えに基づき、事業活動により国内外の水産資源や海洋環境の減少・劣化を招くことがないよう、水産物の調達に関して、乱獲・IUU漁業・労働者の人権侵害ゼロを支持します。また、「シーフードレガシー責任ある調達および購買原則」に基づき、事業を通じて持続可能な水産物の購買を行うために「責任ある水産物購買方針」を定めました。

 

 

水 産 物 購 買 方 針

 

<積極的に調達するもの>

海域や沿岸および周辺の生態系保全に努めており、乱獲や混獲など生物多様性や海洋環境に負のインパクトを与えてないことが科学的かつ客観的に確認できる水産物(※1,2,3)を積極的に購買します。

a. 科学的根拠や予防原則に基づく持続可能な漁業・責任ある養殖業認証を取得し水産資源の持続可能性が第三者によって担保された水産物

b. 海洋環境の持続可能性の構築に向けた改善がされている水産物

c. 第三者機関またはNGOなどによる環境影響アセスメント結果を以って、海洋生態系や海洋環境に著しく影響を与えていないと判断された水産物

 

<調達を避けるもの>

人権侵害やIUU(違法・無報告・無規制)漁業のリスクの把握とその改善ができていないサプライヤーはからは調達しません

a. 天然魚は漁場まで、養殖魚は養殖場まで遡り、漁船・養殖池までトレースできるサプライヤーから調達します

b. 人権尊重や労働の安全性に関する基準を持つ監査やアセスメント(※4)を実施しているサプライヤー、またはOECDの推奨する人権デューデリジェンスを実施しているサプライヤーから調達します

なお、対象範囲はシーフードレガシーが事業のために開催するイベント等で使用する水産物を対象とする。

 

---------------------
※1.GSSIベンチマークによって認定されたMSC/ASC/BAPなどの科学的根拠や予防原則に基づく国際認証を取得した水産物
※2.FIP/AIPをはじめとする海洋環境の持続可能性の構築に向けた改善がされている水産物
※3.第三者機関またはNGOなどによる環境影響アセスメント結果を以って、海洋生態系や海洋環境に著しく影響を与えていないと判断された水産物
※4.生産現場においては水産物の社会的責任のリスクアセスメントの実施をしているサプライヤーや、ASC/BAPなどの社会的基準を持つ国際認証を取得した水産物、加工工場においてはSA8000/SMETA監査などの社会的基準を持つ監査を実施しているサプライヤー
 

 

 



株式会社シーフードレガシー 責任ある木材購買方針

 

2024年6月

 

基本原則・水産事業における基本的な考え方

 

私たちシーフードレガシーは、「自然及び自然資本は人類共有の財産であり未来世代からの借り物である」との考えに基づき、事業活動により国内外の水産資源や海洋環境の減少・劣化を招くことがないよう、水産物の調達に関して、乱獲・IUU漁業・労働者の人権侵害ゼロを支持します。また、「シーフードレガシー責任ある調達および購買原則」に基づき、事業を通じて持続可能な水産物の購買を行うために「責任ある水産物購買方針」を定めました。

 

 

木 材 購 買 方 針

 

シーフードレガシーは

1)保護価値の高い(※1)地域の森林破壊に関与しない木材であること

2)伐採にあたって原木生産地の法令および国際的な人権基準を守らない、適切な手続きで生産していないような、重大な環境・社会的問題に関わる事業者(※2)の製品ではないこと

を購買基準とし、原則​​的に基準1、2に適合することがFSC®認証により確認された木材を購買する。

 

FSC®認証の購買が困難な場合は、認証原料から生産された木材ではないものの、基準1、2に適合することを販売先とともに確認し、かつその妥当性をシーフードレガシーが認めた木材を購買する。

 

なお、対象範囲はシーフードレガシーが当方針策定後に事業のために自ら購買する木材を対象とする。この木材には以下のものが含まれる。
1)オフィス資材など
2)オフィス備品
3)イベント開催時の資材として使用する木材

 

---------------------

※1.保護価値の高い(High Conservation Value: HCV)とは種の多様性が高いこと、景観レベルでの生態系、希少種を含む生態系、生態系サービス、社会的および文化的な重要性を含む。定義等は以下を参照。
Common Guidance for the identification of High Conservation Values (WWF)

※2.FSC®が公開している過去および現在において社会・環境に関して重大な問題を引き起こし、なおかつ改善状況に関する事業者情報を確認、またはNGO等のステーホルダーと確認を行う。Current status of Policy for Association disputes(FSC®)

 

ページトップへ戻る