catch-img

第4回ワークショップレポート:サステナブル調達で付加価値を高める欧州の企業事例

シーフードレガシーが主催する第4回目のワークショップ「サステナブル調達で付加価値を高める欧州の企業事例」が4月9日(火)に行われました。今回のワークショップでは、海洋管理協議会(MSC)日本事務所、水産養殖管理協議会(ASCジャパン)様には日本市場での最新情報、イケア・ジャパン株式会社様には家具だけに留まらず水産物に関してどのようにサステナブル調達を進めているのか、またスイスのチューリッヒに本社を置く水産商社Blueyou Trading様にはなぜサステナブル・シーフードをビジネスの根幹にしているのかをご紹介いただきました。今回は約50名の参加者にお越し頂き、会場は活気に満ちていました。(以下、敬称略)


海洋管理協議会(MSC)日本事務所

コマーシャル担当、仲山 真由 氏にご登壇いただきました。


2019年4月時点、世界では36ヶ国で364漁業がMSC認証を取得しており、さらに110漁業が審査中です。これは世界の天然物漁獲量の15%を占めています。CoC取得企業は世界で4,611企業、日本でもオリンピック、SDGsが引き金となり218企業が取得しています。また、国内の小売店、水産会社、企業の社員食堂などの動きの進捗報告をして頂きました。


ページトップへ戻る